笑顔の女性

歯医者さんのアドバイスを聞いて虫歯治療をしよう

多くの人がかかる病気

院内

子供の頃に虫歯治療をしたことのある人は少なくありません。日本人が歯を失う40%の理由が虫歯だといわれているほど身近で多くの人がかかっている病気なのです。虫歯になると歯が染みたり、ズキズキと傷んだり、または歯茎の痛みや頭痛も起こります。そんな症状が出てきたらすぐに歯医者さんを受診して口の中の状態を確かめてもらいましょう。小金井やその周辺の歯医者さんでは、虫歯の状態を見てその部分だけを削ったり、抜歯したりします。例えば、初期の虫歯で穴がまだ深くなっていない段階なら必要最低限の部分だけを削り、後はコンポジットレジンと呼ばれる特殊なプラスチック樹脂を入れて固めます。小金井の歯医者さんでも使われているこのコンポジットレジンは柔らかく歯と同じ白い色をしており、光を当てると固くなるという特徴があるのです。ですから、これだけで治療ができれば白くてきれいな歯のまま治療を終了することができます。しかし、虫歯の進行が進み大きな穴を削らなくてはいけない場合はその上に銀歯やセラミックで被せ物をしなくてはいけません。保険が適用される銀歯は安い費用でできますが、白さを重視するセラミックは適用されないので少し高くなってしまうでしょう。さらに、虫歯が進んでしまうと小金井にある歯医者さんで根幹治療が行なわれますが、それでもダメな場合は抜歯をして治すことになります。このように歯を失うこともあるので、小金井の歯医者さんの中には初期段階の虫歯の人に向けて正しい歯ブラシの仕方を指導するというところもあるのです。

2つの方法の違い

ウーマン

歯の黄ばみで悩む人のために加古川市の歯科ではホワイトニング治療を行なっています。即効性や治療の手軽さを求めるならオフィスホワイトニングがおすすめですが、持続性を重視するならホームホワイトニングがいいでしょう。

Read

詰め物の種類

歯の治療

虫歯の詰め物や被せ物で使われる銀歯を嫌がる人も少なくありません。そんな人のために兵庫の歯科ではセラミッククラウンが使われています。白くて見た目も綺麗なうえ、金属を使っていないのでアレルギーも起こりません。

Read

人工歯を埋め込む

歯型

歯を失ったときの選択肢は3つあります。それが入れ歯やブリッジ、インプラントです。麻布十番の歯医者ではCTを使って精密な検査をしてからインプラントが行なわれるので安心して治療を受けられます。

Read